バンコクのセカンドハウスを拠点とした旅ブログ

女一人旅

沖縄 ホテル・宿

宮古島のホテル~「ザ・リスケープ」宿泊記(1)~館内施設

2021年3月20日

RIKA
宮古島の海は東洋一美しい

と言われているので「一度は行かなくては♪」と思っていた場所です。

2021年3月に3泊4日で沖縄県宮古島市のザ・リスケープに宿泊しました。

今回は久しぶりの一人旅となりました♪

宮古島をご検討されている方は是非本記事をご参考になさってください。

宮古島のホテル「ザ・リスケープ」宿泊記~ホテル概要

レンタカーでホテルに向かう

羽田空港から宮古島までは飛行機で3時間10分✈

あらかじめ予約していたレンタカーを借りてホテルに向かいます。

今回宿泊した宮古島の東海岸にあるザ・リスケープは2019年5月に開業した新しいホテルです。

車のナビにも出てこないのでスマホのナビを頼りに向かいました。

空港からは15~20分くらいで到着します。

車は少ないし、道も単純なので運転が得意ではない私でも大丈夫でした(*^^*)

県道83号線の路地を入ってからホテルまでは勾配のきつい坂道を下っていきます(時間にしては5分ほど)

「本当にこんなところにホテルがあるのかしら?」

と思うような何もないところですが、途中で見えてくる海はまさに絶景✨

さあ、こちらがザ・リスケープの入口になります。

「ザ・リスケープ」ホテル概要

the rescape(ザ・リスケープ)は、宮古島北東部の城辺(グスクベ)という地区にあります。

断崖と海に挟まれた秘境のようば場所にあるので宮古島の自然の中でゆったりと過ごせる贅沢なホテルです。

ヴィラタイプのリゾートホテルですべてのお部屋にプライベートプールを備えています。

40平米から112平米までの9タイプ41室という比較的こじんまりとしたホテルになります。

私は今回は一休.comから予約をしました。

ザ・リスケープ

住所:沖縄県宮古島市城辺長間1901-1

電話:0980-74-4120

アクセス:宮古空港から車で約15分

客室数:41室

公式サイト:https://okinawa-uds.co.jp/hotels/the-rescape/

「ザ・リスケープ」のレセプション&ロビー

まずは車でレセプションのある棟まで行ってチェックインをします。

車で入るとスタッフが外まで出迎えてくれました。

こちらの場所でチェックイン。

日本語が上手なイギリス人女性のスタッフが対応してくれました。

コロナ対策としてテーブルにはアクリル板が置かれています。

実は、ザ・リスケープでは1月から3月7日までコロナ自粛ということで休業していたそうなのです。

私が宿泊した3月8日から営業開始となったようですよ。

宿泊客はそんなに多くはなかったのですが、従業員の方たちは久しぶりの来客に張り切って対応してくださいました。

部屋で足りなくなったアメニティ類の補充はロビーに置かれています。

ネスプレッソのコーヒーカプセルまでありました。

こちらはレセプション棟の外側になります。

夜はBBQをしている人も見かけましたよ。

センスのいいギャラリーショップ

ロビーにはセンスの良いお土産物も売られています。

ただの沖縄土産というよりもディスプレイを兼ねたステキなものがたくさん♪

お部屋やレストランで使われているマグカップなども同じものが売られていました。

カップルで宿泊していた女性が朝食時にスタッフに

「マグカップが可愛かったから記念に買いました💓」

と言っているのが聞こえてきました。

そうだよね~私も買おうか迷ったもの(^^;

こちらは手ぬぐいかな?

琉球藍で染められているシャツなどもありました。

ドリンクボトルなどもセンスよく飾られています。

お風呂タイムが楽しみになる♪カスタムバスソルトコーナー

こちらにはカスタムバスソルトコーナーがあり、自分で手作りのバスソルトを作れるので毎日のバスタイムが楽しみになります。

手順などもイラストを使って描かれているので誰でも簡単に作れます。

① 瓶の中に袋をセットします。

② 袋の中にお好みのソルトを大さじ3杯いれます。

③ 好きなハーブを大さじ1杯入れます。

④ 好みのアロマオイルを数滴いれます。

出来上がり♪

私はローズのハーブとサンダルウッドでバスソルトを作りました。

このカスタムバスソルトは無料なんです。

おかげさまで毎晩お部屋で気持ちの良いバスタイムを過ごせました。

外国人バーテンダーのいるLounge Artizan

レセプション棟の1階には「Lounge Artizan」というバーラウンジがあります。

チェックインをしたロビーの奥に位置します。

入口には貸し出し用のゲームがたくさんディスプレイされています。

石造りのバーカウンターはいかにも南国の雰囲気です。

かなりスペースのあるラウンジです。

チェックインの時にこちらでいただけるドリンクチケットをいただけるので利用しましょう♪

夜は外国人のバーテンダーさんでした★

「ザ・リスケープ」のプール

ザ・リスケープは横に長いホテルになっていてレセプション棟を中心に左右にヴィラが建っています。

レセプション棟からは歩いて7~8分くらいかかるのでスタッフに頼んでカートを出してもらってもいいと思います。

私は朝食後のお散歩がてらに歩いて見に行きました。

ヴィラはこのようにホワイトでスッキリしています。

この道をてくてく歩いていくとプールに到着します。

プールの入口が見えてきました。

そんなに広くはないプールですが、温水なので3月という季節でも気持ちよく泳ぐことができます。

でも全室にプライベートプールが付いているのでここで泳ぐ人っているのかな?

プールの裏手にはスタッフから聞いた通りヤギがいました。

オスとメスかな?

プールの脇の小路を入って行くと…

ビーチが見えてきました!

「ザ・リスケープ」前のビーチ

ホテル前のビーチは部屋からは直接行けません。

プールのところからか、レセプション棟の横から行きます。

レセプション棟横から行ってみました。

看板が出ている方向に向かいます。

レセプション棟の前を通って、

ここがビーチの入口になるんですね。

キレイな海が見えてきました!

やっぱり湘南や熱海の海とは全然違う美しさ。

砂もサラサラでキレイ。

ただ、残念なことに外国からの漂流物が多い!

中国や韓国から流れ着いたのでしょうね。

後でスタッフに聞いたのですが、この地域は海流の関係で冬場は漂流物が多いのだそうです。

営業再開前に地元の方やスタッフで海岸の掃除をしたようなのですが、わずか数日でこのような状態(-_-;)

ビーチを利用したい方は夏場に来た方がいいですね。

「ザ・リスケープ」館内施設のまとめ

ヴィラタイプのホテルなのでレセプション棟などもこじんまりとした印象です。

まだ新しいホテルなので館内はとてもキレイです。

基本的にはホテルを拠点に宮古島を楽しむというスタイルだと思うので、車がないとどこに出るにも不便な場所にあります。

宮古島の繁華街まで車で20~30分くらいかかるのでレンタカーはマストですね。

海に関しては冬場は漂流物で砂浜は美しくないので、気になる人は夏に来るといいですよ~(^_-)-☆

私が見た時はザ・リスケープは一休の沖縄ランキングで1位でしたよ~★

参考今回の旅に持参したガイドブックです♪


created by Rinker
¥1,200 (2021/10/27 12:41:36時点 Amazon調べ-詳細)

次回の記事
宮古島のホテル~「ザ・リスケープ」宿泊記(2)~お部屋

RIKAザ・リスケープのお部屋はすべてプライベートプール付きのヴィラタイプです♪ とても広々としていて海外のリゾートのようですよ(^^♪ 前回の「ザ・リスケープ」宿泊記(1)~館内施設をご覧になりたい ...

続きを見る

前回の記事
新ブログ「人生イージーモード!」開設しました♪

RIKA新しいブログを開設しましたので、こちらのブログにもご紹介させていただきます。 目次1 新ブログ「人生イージーモード!」開設しました♪2 こだわりの三部作3 読者登録もよろしくお願いしますm(_ ...

続きを見る

ブログランキングに参加しています

ポチッと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ

女一人旅 読者登録

ご登録いただけますと、女一人旅の最新情報をメールでお届けいたします。

-沖縄, ホテル・宿
-, ,

Copyright© 女一人旅 , 2021 All Rights Reserved.