バンコクのセカンドハウスを拠点とした旅ブログ

女一人旅

バンコク カフェ・レストラン

バンコクの絶品マッサマンカレーならここ!クルアアロイアロイ

2020年1月10日

RIKA
2011年にCNNで「世界で最も美味しい料理50」に選出されてから人気上昇中のタイの名物料理「マッサマンカレー」
今回はバンコクでマッサマンカレーが一番おいしいと評判のローカル食堂KRUA AROY AROY(クルアアロイアロイ)をご紹介します。

バンコクの絶品マッサマンカレーならここ!クルアアロイアロイ

マッサマンカレーとは?

マッサマンカレーとは、タイ南部発祥の鶏肉とじゃがいもを煮込んだタイカレーです。

イスラム教徒の影響を受けていることから、牛ではなく鶏肉や豚肉が使われており、ココナッツミルクが加わることで比較的マイルドな甘みがあります。

日本人の味覚にも合うことから、最近は日本でも提供されているお店やレトルトカレーなども出回ってきましたね。

ココナッツミルク、ナッツ、シナモンやカルダモンなどの香辛料が加えられるとより辛さの中に深いコクと上質な甘みがうまれます。

KRUA AROY AROY(クルアアロイアロイ)の概要

KRUA AROY AROY(クルアアロイアロイ)はバンコクでマッサマンカレーが人気のローカル食堂です。

近年日本人にも大人気のようで日本語メニューもしっかり置いてあります。

KRUA AROY AROY

住所:3/1 Pan Road, Silom, Bangkok 10500
☎:02-635-2365
✉:wannapapg@yahoo.com
営業時間:9:00~18:00
定休日:第2、第4日曜日

こちらの本に掲載されています。

クルアアロイアロイへの行き方

BTSスラサック駅から徒歩10数分で到着します。

BTSスラサック駅からの道のりをご紹介いたします。

BTSスラサック駅に到着したら階段を下ります。

出口3に向かって改札を出ます。

出口3に向かい、突き当り左手の階段をおります。
(実際には右に下りた方が早いのですが、右は上りのエスカレーターになっているので下りることができません。)

階段を下りきったら赤い矢印のようにUターンをして戻っていき、最初の交差点まで歩きます。

最初の交差点まで来たら左に曲がります。

Pramuan通りをひたすらまっすぐに進みます。

歩いている途中に右手にバンコククリスチャンカレッジを見ることができます。

しばらく歩くと前方にセブンイレブンが見えてきます。

突き当りはSilom通りになりますが、渡らずに右折します。

一言メモ

ここまできたらタイシルク小物のお店のANITA THAI SILK(アニタタイシルク)に立ち寄ってもいいですね!

参考
バンコクの上質で安いタイシルクはここがおすすめ!アニタタイシルク

Silom通りを歩いていると右手に「SRI MAHAMARIAMMAN TEMPLE」というインドのヒンドゥー教寺院が見えてきます。

そのつきあたり角をすぐ右折します(Pan通りになります)。

Pan通りの右ななめ前を見るとセブンイレブンがあり、その隣りがKRUA AROY AROYになります。

通りには屋台が立ち並んでいるのでその内側を通らないとお店がわかりません。

Google Mapを見ていなかったらまず間違いなく見逃していたことでしょう。

お店に到着しました!

ココに注意

お店の前には花屋などの屋台が並んでいるので通りからは店の外観を見ることができません。
とにかくヒンドゥー教寺院とセブンイレブンを目標にしてくださいね

クルアアロイアロイの店内の様子

私が到着したときは14時を過ぎていたので店内は結構空いていました。

お店はいたってタイのローカル食堂です。

この時間帯、現地の人がちらほらいるだけで観光客らしき人はいませんでした。

大きな鍋にはじっくり煮込まれた感のある数種類のカレーやスープがおかれています。

店内いっぱいにスパイシーな香りが~

店内には写真が飾られていましたが、タイの有名人でしょうか?

雑然としたタイのローカル食堂ではありますが、はり紙とかちょこちょこと日本語や英語表記もされていることから観光客の来店の多さがわかります。

クルアアロイアロイのメニュー

席につくとお店の方がすぐに英語と日本語表記のメニューを持ってきてくれました。

日本語のメニューな上、写真や絵がついているのですごくわかりやすい。

マッサマンカレーだけでなくチェンマイ名物の「カオソイ」があったり、世界三大スープである「トムヤムクン」であったりと、タイのローカル食堂にはありそうもないメニューもありました。

カオソイやグリーンカレーなど試してみたいものもあるのですが、この店に来たらやっぱりマッサマンカレーですね。

メニューの一番上には「最もお勧め」としてマッサマンチキンとマッサマン豚肉があります。

私は日本では豚肉の方が好きですが、タイでは「チキンなら間違いない」という思いがあるので必ずチキンをオーダーします。

タイ料理ってチキンがとっても合うんですよね。

マッサマンチキン100バーツ(約360円)とライス(約36円)とドリンクを注文しました。

マッサマンチキン100バーツって、ローカル食堂にしてはちょっと高いですがその価値はあります。

ライスはカレーとは別にオーダーしてくださいね。

マッサマンカレー登場!

はい、すぐにマッサマンチキンが運ばれてきました!

大きなチキンのかたまり、そして大きなじゃがいもは1個分くらいでしょうか。

別々だと食べにくいのでカレーをごはんにかけました。

ぶっかけワンプレートにして食べやすくなりました!

じゃがいもは大きいサイズですが、かなり煮込んでいるようで柔らかくすんなりスプーンが通りました。

この柔らかいじゃがいもにカレーがたっぷり染み込んでおいしい♪

鶏肉もほろほろでめっちゃ柔らか~

タイのカレーというと辛いというイメージですが、ここのマッサマンカレーは辛さの中にも甘さがあり日本人なら誰もがおいしいと思うはずです。

この味なら毎回バンコクに来るたびに食べにきたいかな。

クルアアロイアロイのまとめ

さあ、いかがでしたでしょうか?

バンコクでナンバー1とも言われているクルアアロイアロイのマッサマンカレーは甘みのあるマイルドな辛さなのできっと気に入っていただける味だと思います。

ローカル食堂ってなかなか入るのにも勇気がいるかもしれませんが、日本語メニューがあるので安心して入れるお店です。

店舗自体は店の前の屋台で見えにくくて私もはじめ迷ってしまいましたが、Pan通りのセブンイレブンを目指せばすぐにわかります。

スラサック駅周辺にはグリーンカレーの有名なお店もあるのでまたいつかご紹介させていただけたらと思います。

クルアアロイアロイはこちらの本に掲載されています

この記事が皆さんのお役に立てたらうれしいです♪

ブログランキングに参加しています

ポチッと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ

女一人旅 読者登録

ご登録いただけますと、女一人旅の最新情報をメールでお届けいたします。

-バンコク, カフェ・レストラン
-, , ,

Copyright© 女一人旅 , 2020 All Rights Reserved.