バンコクのセカンドハウスを拠点とした旅ブログ

女一人旅

チェンマイ ホテル

女子旅!チェンマイのピンナカラ・ブティックホテル&スパ宿泊記

2019年12月13日

RIKA
チェンマイには女子も大好きな可愛らしいブティックホテルが沢山あるのでどこに宿泊しようか毎回悩んでしまいます。

今回は西洋貴族の館のような優雅さと気品をそなえたピンナカラ・ブティックホテル&スパに滞在したときの素晴らしい体験をご紹介いたします。

今回一人旅ではなく友人と3人で宿泊しました。

こじんまりとした静かな白亜のホテルでの滞在は、心も体もリラックスできた素晴らしいものとなりました♪

チェンマイのピンナカラ・ブティックホテル&スパってどんなホテル?

ピンナカラ・ブティックホテル&スパの概要

チェンマイ市の中心部から3キロ以内に位置するピン川近くにある純白のホテルです。

ホテルは築10数年と新しいですが、100年ほど前にチェンマイでよく見られたコロニアルスタイルの建物です。

ドアや窓、屋根など、内装の隅々まで上品で美しくため息がでるほどです。

ホテルの車がクラシックカーだったり、ベルボーイの制服がひと昔前のスタイルだったり・・・アジアにいながらもヨーロッパ貴族の館に滞在しているような雰囲気を味わえます。

全室デザインが違う客室はわずか19室で、まさにチェンマイの隠れ家的なホテルと言えるでしょう。

PING NAKARA BOUTIQUE HOTEL & SPA

住所:135/9 Charoenprathet Rd, T.Changklan, A.Muang, Chaing Mai
☎:053-252-999
WEBサイト:http://www.pingnakara.com
全19室

ピンナカラ・ブティックホテルの近くには五つ星ホテルのアナンタラチェンマイリゾートホテルもあります。


ゴージャスな外観・ロビー・施設

ピンナカラ・ブティックホテル&スパの外観やフロントのあるロビーやプールなどを見ていきましょう。

建物の外観

ジャルンプラテード通り沿いにあるホテル入り口の美しい白い看板が目印です。

コロニアルスタイルの外観はまさに女子好みですね。

私たち3人も最初からテンションアップしました!

フロント&ロビー

こちらはエントランス正面のフロントです。

白を基調としているからか、ゴージャスだけどすっきりした雰囲気です。

ベルボーイやフロントスタッフの女性はいつも笑顔で出迎えてくださり好感が持てました。

フロント横の円形ロビーもおしゃれでクラシカルなインテリア。

チェックイン時にはこちらのロビーで冷たいお茶とおしぼりを出していただきました。

プール

フロントを直進するとプールがあります。

大きくはありませんが、客室が少ないからかあまり人は見かけませんでした。

チェックアウト後もしばらくこちらのプールサイドのベンチでくつろがせていただきました。

こちらは2階から写したプールです。

プールサイド横のチェアは、椅子やテーブルのデザインがそれぞれ異なりますが統一感があります。

自由に飲めるウォーターサーバーやチェスなどがおいてありました。

プールを眺められる解放感のあるこちらの場所にいると、その居心地のよさについつい長居をしてしまいます。

ココがおすすめ

建物、家具等、落ち着きと重厚感があり、エントランスに入ったところから魅了されます。
とくに円形のロビーやプールサイドのテーブルやチェアのスペースはインスタ映えする素敵な場所です。

クラシックな客室

今回3人での宿泊でしたが私はダブルベッドのスタンダードな一人部屋です。

友人たちのすぐ隣の3階のお部屋でした。

ベッドルーム

ドアの入り口から撮った一枚。

重厚感のある落ち着いたクラシックなお部屋は、これからの滞在をよりワクワクさせてくれました。

ダブルベッドの白いシーツやしつらえもシンプルで清潔感があります。

もちろんふかふかベッドの寝心地もバツグンです。

白い縁取りのバルコニーのドア、そしてドアの上の見事な美しい装飾に目が奪われます。

バルコニーの外にはラタン風のチェアとテーブルがおかれています。

目の前の木々を眺めながらいくらでもボ~っとしてられます。

デスクの上にはこれまたおしゃれな電話と時計が~

そしてこちらのお菓子は無料でいただけます。

左はチェンマイでよく見るお米のクラッカーのようなもの、オレンジ色のつつみに入ったお菓子は花畑牧場の生キャラメルのよう。

やわらかくてすご~く美味しい💛

たくさん食べたらターンダウン時に瓶の中に追加されていました♪

クローゼットを開けるとお茶セットや冷蔵庫、履き心地のよいスリッパなども用意されています。

バスルーム

バスとシャワールームはそれぞれ独立型となっております。

バスタブには頭をのせてリラックスできるようクッションがそえられています。

こういう心遣いってうれしい・・・

ピンナカラ・ブティックホテルオリジナルのバスソルトとソープ。

アロマセラピーバスソルトのお風呂は最高に気持ちいい~

お風呂に入るとすぐに眠気が・・・

お風呂の向かい側にはシャワールームとトイレ。

ドアは左右スライド式でどちらか一方が隠れるようになっています。

ホテルオリジナルポーチの中にはシャンプー&コンディショナー、ボディソープなどのアメニティグッズがおかれていました。

ターンダウン後

外出中にターンダウンに来てくださいました。

ターンダウン後のベッドスツールにはミネラルウォーターと紅茶がおかれていました。

ココがおすすめ

お部屋はそんなに広くはありませんが、クラシックなインテリアも落ち着く上、使いやすい動線でとても居心地のよいお部屋でした。


北部タイ料理をいただける朝食

ホテルの朝食は建物の一番北側1階のプールサイドにあるレストランでいただきます。

テーブルは外と中にありますが、私は2日間とも外でいただきました。

スタッフにカフェオレをにオーダーしてビュッフェコーナーに向かいます。

人がいたのであまり写真を撮れなかったのですが・・・

サラダ、ハム、チーズ、フルーツが充実していました。

虫よけ用のネットが一つ一つの料理にかぶせてあるので安心していただけます。

ドリンク類も豊富、そして木製のドリンクホルダーも可愛い。

まずは自分で取ってきたビュッフェメニューをいただきます。

ハムやサーモンの入ったサラダは朝からヘルシーです。

そしてこちらはオーダーメニューです。

さっぱり味の本格ヌードル。

生クリームとハチミツたっぷりのパンケーキまで・・・

卵料理やワッフル、フレンチトーストなどの洋食のほかにも麺類やお粥のような北部タイ料理など10種類近くあります

どれをたのもうか毎日ワクワクしました。

初日でしたのでどのくらいの量のものがくるのかわからないのでいくつかオーダーしたのですが・・・

一品一品しっかりボリュームがありすぐにお腹いっぱいに~

どうぞお腹の具合と相談してオーダーなさってくださいね。

ココがおすすめ

小規模なホテルですがビュッフェやドリンクの種類など十分な量でした。
そしてとにかくオーダーメニューの数が多数
レストランスタッフも常に目をかけてくださり好印象なうえに、プールサイドでいただく朝食はとにかく気分が上がります!

ナカラスパでマッサージ体験

チェックアウト後フライトまで時間があったので、ピンナカラ・ブティックホテル内のナカラスパでマッサージを体験しました。

クラシックな雰囲気のナカラスパの中。

ちょっとしたカルテを記入しますが、こちらのスタッフは日本語で説明してくださいました。

そしてそれぞれお部屋に案内されました。

バス、トイレ付の施術ルームは広々とした快適空間です。

頭、首、肩のマッサージの60分間はまさに至福の時間でした♪

私はいつも圧は痛いくらいの強めが好きなので
「強めに~」
とリクエストしたのでお気に入りの強さでマッサージを受けられました。

マッサージがおわった後は、温かいお茶とお菓子をだしていただきホッと一息。

アロマサシェのお土産までいただきました。

ちょっとした心遣いも女子旅にはうれしいものですね。

ココがおすすめ

ホテルのスパだけあって施設内はとても素敵なインテリア。
施術スタッフの技術も申し分ないですし、お茶やお土産までいただいて気分よく帰ることができました。

ピンナカラ・ブティックホテル&スパの感想

隠れ家的な小さなホテルなので、ほかの宿泊客の気配もあまり感じないほど静かで落ち着いた雰囲気のホテルでした。

その前にチェンマイで宿泊した大型ホテルはロビーやレストランも中国人が多く騒がしく落ち着くことができませんでした。

ピンナカラ・ブティックホテル&スパの美しく落ち着い空間はどこにいてもリラックスすることができます。

チェンマイには女子が好きそうな可愛らしいブティックホテルがたくさんありますが、建物、インテリア、スタッフサービス、そしてコスパ的な面でもとても満足度の高いものでした。

女子旅にはもちろんですが、カップルや中高年にも気に入っていただけるような大人のホテルです。

タイはホテルのお値段も安いので、場所を変えて別のホテルを宿泊するのも楽しいかもしれませんね。

ピンナカラ・ブティックホテル&スパが掲載されている本です♪

北タイごはんと古都あるきチェンマイへ

ピンナカラブティックホテル&スパのお値段がチェックできます♪


expedia
Hotels.com
agoda

この記事が皆さまのお役に立てればうれしいです♪

ブログランキングに参加しています

ポチッと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ

女一人旅 読者登録

ご登録いただけますと、女一人旅の最新情報をメールでお届けいたします。

-チェンマイ, ホテル
-, , , ,

Copyright© 女一人旅 , 2020 All Rights Reserved.