バンコクのセカンドハウスを拠点とした旅ブログ

女一人旅

フライト・空港ラウンジ

成田空港第2ターミナルならアメリカン航空のラウンジがおすすめ!

2019年12月17日

RIKA
バンコクに行くときは、香港経由のキャセイパシフィック航空を利用しています。

成田空港を利用する場合は第2ターミナルのアメリカン航空「アドミラルズクラブ」ラウンジが心地よく過ごせます。

今回は毎回利用しているアメリカン航空ラウンジをご紹介いたします。

成田空港第2ターミナルでワンワールドの利用できるラウンジは4ヵ所あります。

まずは日本航空(JAL)を利用される方が多いと思いますが、成田空港アメリカン航空の「アドミラルズクラブ」は開放的な空間と居心地の良さでは穴場的にオススメなラウンジです。

成田空港第2ターミナルならアメリカン航空ラウンジがおすすめ

成田空港第2ターミナルでワンワールドのラウンジを利用する場合、まずは日本航空(JAL)の「サクララウンジ」を利用される方が多いと思います。

ただ、日本航空(JAL)利用者が多い時間帯はかなり混雑します。

その場合は食事の充実している日本航空(JAL)「サクララウンジ」では食事だけいただき、他の航空会社のラウンジでくつろぐ方法もあります。

成田空港第2ターミナルのワンワールドラウンジは4ヵ所

成田空港のワンワールドラウンジは下記の4ヵ所になります。

  • アメリカン航空(アドミラルズクラブ)←今回訪問
  • カンタス航空(カンタスビジネスラウンジ)
  • キャセイパシフィック航空(ファーストアンドビジネスラウンジ)
  • 日本航空(JAL)(サクララウンジ、ファーストクラスラウンジ)

この中でいたって普通なラウンジはカンタス航空とキャセイパシフィック航空です。

キャセイパシフィック航空は羽田空港や海外のラウンジではヌードルコーナーなどもあるのですが、残念ながら成田空港にはありません。

キャセイパシフィック航空もカンタス航空も食事面では期待できないということ、ラウンジエリアも一般的な仕様なので基本的には利用していません。

成田空港においては日本航空(JAL)の「サクララウンジ」が食事面では一番でしょう。

ただし、どうしても混雑する時間帯には落ち着くことがでません。

その際は日本航空(JAL)の「サクララウンジ」で食事をいただいてから、アメリカン航空の「アドミラルズクラブ」に移動して搭乗時間までゆっくりくつろぐことをオススメします。

アメリカン航空ラウンジ「アドミラルズクラブ」の基本情報と利用資格と場所

基本情報

アメリカン航空「アドミラルズクラブ」

場所:成田空港第2ターミナル2階
営業時間:7:30~21:00
食事・ドリンク・アルコール
シャワールーム
ビジネスコーナー
Wifi無料

利用資格

  • アメリカン航空ファーストクラス、ビジネスクラス利用者
  • アメリカン航空ステイタス会員
  • ワンワールド加盟航空会社のビジネスクラス、ファーストクラス利用者
  • ワンワールドのサファイア、エメラルド保有者および同伴者1名

アメリカン航空のビジネスクラスを利用するときだけでなく、日本航空(JAL)やマレーシア航空・キャセイパシフィック航空といったワンワールド加盟航空会社のビジネスクラス搭乗時でも利用可能です。

なので、日本航空(JAL)のビジネスクラスに搭乗する際に日本航空(JAL)ラウンジである「サクララウンジ」ではなく、アメリカン航空の「アドミラルズクラブ」を利用することも可能です。

また、両方をハシゴすることもできます

場所

出国審査場は3階になるのですが、北側の出国審査場を出て左側のエスカレーターを降りた2階になります。

こちらは成田空港第2ターミナル内ゲートマップになります。

赤枠で囲んでいるところがアメリカン航空ラウンジになります。

3階エスカレーターから2階におります。

アメリカン航空「アドミラルズクラブ」ラウンジ入り口に到着。

航空券を提示して入館します。

アメリカン航空ラウンジ「アドミラルズクラブ」のご紹介

広大なソファエリア

アメリカン航空ラウンジ内はほかのラウンジと比べてもかなり広大なスペースです。

全体的に和と洋がミックスされたようなインテリアになっています。

ラウンジエリアにはソファー席・テーブル席があり、開放的な大きな窓からは飛行機の発着を眺めることができます。

ラウンジエリアには入ってすぐにお雛様が飾られていました。

外国の航空会社にもかかわらずラウンジでは結構な数の日本的なものを目にしました。

窓側はゆったりとしたソファ席となっています。

大きな窓からは飛行機を眺めることができます。

このようなおゃれなチェアと奥にはリラクゼーション用のチェアまであります。

レザーシートは高級感抜群ですね!

こちらのスペースにも日本的な絵がたくさん飾られていました。

とにかくものすごい数のシート!

ですが、過去に私がラウンジを利用してきた中でも、利用者は多くてもせいぜい10人程度でした。

ココがおすすめ

ソファエリアの広さに対して人の数が圧倒的に少ないというのはこの上ない贅沢な空間と時間を楽しめます。

ビジネスコーナーの様子

アメリカン航空ラウンジではビジネスコーナーもかなりのスペースで確保されています。

新聞や雑誌なども同じ種類のものが数冊単位で用意されています。

「週刊新潮」や「週刊文春」などもあり退屈しないで過ごせます。

そしてその奥には・・・

パーティションで区切られたデスクがかなりの数用意されていました。

プライベート感があり周囲を気にせず落ち着いて仕事もできそうです。

PCも4台ほどありました。

しっかりビジネス用途にも対応しているといった印象です。

ココがおすすめ

ビジネスコーナーはパーティションで区切られたデスクで邪魔されずに作業ができるのはいいですね!

クールなビュッフェエリア

こちらがビュッフェエリアになります。

こちらのコーナーは一気にモダンでクールな印象になります。

真ん中にはメインの食事やパン、デザートなどが置かれています。

その奥にはドリンク類、チーズ、スナック菓子などが置かれています。

ビュッフェ形式になっていて好きなものを取ることができます。

写真は全部の料理を網羅しているわけではありませんが内容はちょっと寂しいです。

シャンパン、ワイン、日本酒などのアルコール類はしっかり氷で冷やされています。

種類もかなり豊富に用意されています。

やはり全体的にホットミール類はサクララウンジと比べるとやや寂しく感じますね。

ただ、7:30~11:30までサクララウンジの朝食が提供されるようです。

これはうれしいサービスです!

朝のサクララウンジの混雑回避のためこちらに分散させるのが目的なのでしょうね。

この時間帯でアドミラルズクラブを利用したことがないのでどんな感じかをご紹介できないのが残念です。

午前中のフライトの方は利用してみるといいですね。

ココがおすすめ

食事は日本航空(JAL)と比べると質、種類ともに落ちるかもしれませんが、7:30~11:30まではサクララウンジの朝食が提供されます!

アメリカン航空「アドミラルズクラブ」ラウンジを使用しての感想

とにかくアメリカン航空の「アドミラルズクラブ」ラウンジは広さに対して人が少ないことがメリットです。

私がこれまで利用してきた中でも毎回数えられるくらいの人数しかいませんでした。

ワンワールドの多くの利用者が日本航空(JAL)のサクララウンジを利用しているということなのでしょうね。

フード類はやはりサクララウンジの方が充実しているので、食事はそちらでいただくことをオススメします。

ただ、「ラウンジではあまり食事はしない」
「とにかくゆったり静かに過ごしたい」
という方はアメリカン航空ラウンジがいいと思います。

アルコール、ドリンク、デザート類はアメリカン航空のラウンジもかなりの品揃えで充実していますので。

ですからサクララウンジに行って食事をして残りの時間を空いているアメリカン航空ラウンジでリラックスした時間を過ごす、という方法が今のところベストな選択に思っています。

機会があれば是非日本航空(JAL)サクララウンジとアメリカン航空アドミラルズクラブの両方のハシゴを楽しんでみてください。

 

この記事が皆さまのお役に立てればうれしいです♪

ブログランキングに参加しています

ポチッと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ

女一人旅 読者登録

ご登録いただけますと、女一人旅の最新情報をメールでお届けいたします。

-フライト・空港ラウンジ
-, , , , , ,

Copyright© 女一人旅 , 2020 All Rights Reserved.