バンコクのセカンドハウスを拠点とした旅ブログ

女一人旅

フライト・空港ラウンジ サムイ島

サムイ国際空港~プライオリティパスを使用しての国内線ラウンジ利用

2020年3月19日

RIKA
サムイ島からバンコクへの帰り。

サムイ国際空港でプライオリティパスを使ってバンコクエアウェイズの国内線ブルーリボンラウンジを利用しました。

さてサムイ国際空港の国内線ブルーリボンラウンジはどのようなラウンジだったでしょう。

サムイ島~プライオリティパスを使用してのラウンジ利用

サムイ島での宿泊先であったヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテルでの滞在を終えて空港に移動しました。

関連記事
サムイ島ヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテル宿泊記

RIKAサムイ島ではヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテルに宿泊しました。 ヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテルはサムイ島の五つ星ホテルになります。 アメックスプラチナのFH ...

続きを見る

サムイ島の空港は小さな空港ですが、れっきとした国際空港です!

プライオリティパスを使ってのラウンジ利用が可能ですよ~

サムイ島の空港には下記の3種類のラウンジがあります。

  • ブルーリボンラウンジ
  • VIPラウンジ
  • 全搭乗者向けのラウンジサービス

今回は国内線ブルーリボンラウンジの潜入レポになります。

チェックインからラウンジまでの道のり

チェックインからMain Gateまで

サムイ国際空港は開放的な空港で、チェックイン後の移動もまるで普通の外の道を歩いている感覚です。

まずはこちらでチェックインを済ませます。

Departures Gateに向かって歩きます。

麻薬取締り犬がいました。

こちらの大通りは両サイドにショッピングやレストランがありますので、お土産を買いたい方はラウンジに行く前にこちらでどうぞ。

セキュリティチェックを受けた後ですとほとんど買い物をするところがありません。

現地のアクセサリーやら・・・

「NARAYA」とか・・・

高級タイシルクの「ジムトンプソン」までそろっています。

ショッピングモールのまわりではこのように芝生でゴロゴロしたりもできます。

ただし結構暑いのでラウンジに行ける人は早々に向かった方がいいでしょう。

Main Gateの建物内でセキュリティチェックを受けてゲートに行きます。

セキュリティチェックを抜けたところですが、ここではコンビニレベルのお土産屋さんしかありません。

お土産購入をされたい方はやはりセキュリティチェック前のショッピングモールで済ませてくださいね~

ブルーリボンラウンジ潜入

ありました!

こちらがバンコクエアウェイズの国内線ブルーリボンラウンジになります。

ゲート2とゲート3の間くらいに位置します。

プライオリティパスを見せて入場します。

ブルーリボンラウンジはいつものように白とスカイブルーを基調としたさわやかなインテリア。

帰る前までリゾート気分を味わえます♪

ラウンジ内は結構広いし上着が必要なくらい涼しい。

私が到着した時はお客さんは1組くらいでした。

こちらがフードカウンター。

パイのようなものや・・・

デザート類も豊富にあります。

タイのラウンジではよく見かけるパンケーキマシン。

コーヒーマシンやトワイニングスの紅茶。

ビールやワインなどのアルコール類もあります!

オーダーメニューもあり、席に着くとスタッフがメニューを持ってきてくれます。

もちろんブルーリボンラウンジと言ったらこちらのエビワンタンですね!

エビワンタンを食べてお腹いっぱいになったらあとはカフェラテを飲みながら搭乗時間を待ちます。

プライオリティパスがあるとエコノミークラス利用でも優雅にラウンジを利用できます。

プライオリティパスにご興味のある方は安く取得する方法があるのでこちらの記事をご覧ください。

関連記事
プライオリティパスでバンコクエアウェイズのラウンジを利用しよう!

RIKAバンコクのスワンナプーム国際空港の国内線ラウンジはプライオリティパスがあればエコノミークラスでもバンコクエアウェイズの上級ラウンジ「ブルーリボンラウンジ」を利用することができます。 今回はプラ ...

続きを見る

ブルーリボンラウンジ(国内線)

営業時間:5:00~22:00

場所:出発ターミナル ゲート2と3の間

ブルーリボンラウンジ(国際線)

営業時間:5:00~22:00

場所:出発ターミナル ゲート6

ブティックラウンジについて

ゆっくりラウンジでくつろいで、搭乗時間にゲートに行ったらすでに人がいっぱい。

実は、バンコクエアウェイズはすべての乗客向けにタイ国内の空港でラウンジサービスを提供しており、そのラウンジ名はブティックラウンジと言われています。

このサムイ空港では、出発ゲート自体がラウンジになっており、誰でも飲み物や軽食が利用できるようになっていました。

素晴らしいアイデアです!

内容もちらっと見ましたが、日本のカードラウンジよりは全然よいと思いました。

VIPラウンジについて

実はVIPラウンジがあったことはブルーリボンラウンジを利用した後に気づきました。

後から調べたらVIPラウンジもプライオリティパスやプロパーアメックスを持っている方は利用できたようです。

ただし、提供しているフードなどはブルーリボンラウンジとほぼ同じようです。

次回サムイ島に来た時には是非VIPラウンジを利用してみたいと思います。

まとめ

今回は、サムイ国際空港の国内線ブルーリボンラウンジの紹介でした。

飛行機に乗り込むまでの間、とっても快適に時間を過ごすことができました!

プライオリティパス、本当に便利です!

是非、次の旅行までにプライオリティパス 準備していったほうがおトクですよ~

関連記事
プライオリティパスでバンコクエアウェイズのラウンジを利用しよう!

RIKAバンコクのスワンナプーム国際空港の国内線ラウンジはプライオリティパスがあればエコノミークラスでもバンコクエアウェイズの上級ラウンジ「ブルーリボンラウンジ」を利用することができます。 今回はプラ ...

続きを見る

この記事が皆さんのお役に立てたら嬉しいです♪

ブログランキングに参加しています

ポチッと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ

女一人旅 読者登録

ご登録いただけますと、女一人旅の最新情報をメールでお届けいたします。

-フライト・空港ラウンジ, サムイ島
-, , , ,

Copyright© 女一人旅 , 2020 All Rights Reserved.