バンコクのセカンドハウスを拠点とした旅ブログ

女一人旅

サムイ島 ホテル

サムイ島ヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテル宿泊記

2020年2月18日

RIKA
サムイ島ではヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテルに宿泊しました。

ヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテルはサムイ島の五つ星ホテルになります。

アメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)で予約しましたが、どんな滞在となったでしょうか?

ヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテル宿泊記

今回のヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテルは2泊3日の一人旅です。

サムイ島はバンコクから一時間程度のフライトなので、お手軽に来ることができるリゾートとしておすすめです。

ヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテルは空港からも車で15分程なのでフライト時間も含め負担のない旅ができます。

関連記事
【サムイ島】交通事情は?空港からホテルまでのアクセス方法

RIKA海外では初めて行く場所ですと空港からホテルまでのアクセス事情って気になりますよね? とくにアジアのタクシーはぼったくりが多いので私も毎回不安になります。 2019年11月にタイのサムイ島のヴァ ...

ヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテルってどんなホテル?

サムイ島のヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテルは、チャウエンノイビーチの中央よりも少し北側のチャウエンビーチ寄りにあります。

「森」を意味するタイ語の「ヴァナ」と「美しい」を意味する「ベル」は、サムイ島の緑豊かなビーチフロントの隠れ家の雰囲気を表しています。

マリオット・ボンヴェイグループのラグジュアリーコレクションが2013年1月サムイ島にできたということで注目していたのですが、やっと来ることができました♪

車から降りてすぐのホテルのエントランス。

エントランスの先を見るとチャウエンノイビーチが一面に広がっています。

これから始まる極上ステイへの期待が高まります♪

Vana Belle A Luxury Collection Resort Koh Samui

住所:9/99 Moo 3, Chaweng Noi Beach, Koh Samui
☎:+66 77 915 555
客室:80室
WEBサイト:https://www.marriott.co.jp/hotels/travel/usmvl-vana-belle-a-luxury-collection-resort-koh-samui/



フロントでチェックイン

エントランスを進んでいくと目の前一面に海が広がっていて圧巻。

水平線がきれいに見えるでしょ~?

ホテルは高台に位置するため、海は見下ろす感じです。

ただ、11月はサムイ島は雨季ということでお天気があまりよくありません。

バンコクやチェンマイは11月、12月はベストシーズンですが、同じタイでも南側に位置するサムイ島は雨季ということでお天気は最悪でした。

初日からスコールのような雨が降り出したりの不安定な気候で、滞在中もすっきり晴れた日はありませんでした・・・がっかり。

ここからの景色も天気が良かったら最高でしょうね。

ココに注意

サムイ島のベストシーズンは2月から9月です。
10月から1月までは雨季なので避けた方がいいです。

ホテル中心部にある象徴である象のオブジェが滞在者を歓迎してくれます。

こんな可愛らしい象があちこちにあって楽しませてくれます。

見下ろす海の眺めも素晴らしい。

フロントでチェックインです。

専属バトラーさんがご挨拶をしてくれ、ここで受けられるサービスをすべて説明してくださいました。

あ~~、バトラーさんの名前忘れた・・・

アナンタラチェンマイリゾートホテルのチェックインでも出されたバタフライピーがこちらでも 笑

タイではお決まりなのかな?

関連記事
アナンタラチェンマイホテル宿泊記~FHR経由で極上の体験!

RIKAアメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)で予約したアナンタラチェンマイリゾートホテル。 実際にFHRを使用してのアナンタラチェンマイリゾートホテルでの滞在はどうだったで ...

アメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)の特典

アメックスプラチナのFHRを通して予約した時に下記の特典を提示されました。

  • チェックイン時の空室状況により、12:00よりチェックイン(アーリーチェックイン)
  • チェックイン時の空室状況により、1ランク上のお部屋へアップグレード
  • 滞在中の朝食を2名様までサービス
  • 客室内のWi-Fi無料
  • 16:00までのチェックアウト時間延長(レイトチェックアウト)
  • ホテルのオリジナル特典

さて、結果はどうだったでしょうか?

  1. チェックイン時の空室状況により、12:00よりチェックイン(アーリーチェックイン)
    →〇 12:00にお部屋に案内されました!
  2. チェックイン時の空室状況により、お部屋をアップグレード
    → 〇 オーシャンプール、1ベッドルームスイートにアップグレードしていただけました!
  3. 滞在中の朝食を2名までサービス
    → 〇 ただし1人旅なので1人分のみ
  4. 客室内のWi-Fi無料
    → 〇 これはこのレベルのホテルでは当たり前ですよね
  5. 16:00までのチェックアウト時間延長(レイトチェックアウト)
    → 〇 17:00にチェックアウトしました!
  6. ホテルのオリジナル特典
    → 〇 滞在中ホテル内で使える100ドル分のクレジット

何といってもお部屋のアップグレードが一番嬉しいですね。

チェックアウトはフライト時間が遅いために17時にすることは可能かどうかをチェックイン時に聞きました。

「できるかどうか確認します」

ということで、後からOKということで連絡がきました。

ココがポイント

アメックスプラチナFHRでホテルを予約する場合、宿泊したい部屋のワンランク下で予約すればアップグレードされると希望の部屋になります。
繁忙期などはアップグレードされない場合もあるのでご注意。
私は繁忙期には旅行をしないためアップグレードされなかったことはありません。

関連記事
アメックスプラチナFHRの特典検証~アナンタラチェンマイリゾート

RIKA1泊2日でチェンマイのアナンタラチェンマイリゾートホテルに宿泊しました。 一人旅ということで極上のおもてなし体験をしたくアメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)から予約 ...

お部屋に案内されるまでの待ち時間

アーリーチェックインの12時より早く到着したので

「お部屋の準備ができるまでお待ちください」

ということでチェックイン後はフロント横に建っているこちらの建物で待ちました。

ぬくもりを感じられる木材のお部屋はクラシカルな家具が配置されています。

テレビやパソコン、本などが置かれていてライブラリーのようです。

天井はこんなに高くて解放感があります。

このオブジェもすごい!

お部屋の準備が整ったようでバトラーさんが迎えに来てくれました。

ホテルの施設

お部屋の前にホテル施設をご紹介いたしますね。

ロビーラウンジ

こちらはロビーラウンジになのですが、夜はカクテルバーになります。

このロビーラウンジのソファに座って眺める海は最高です!

アジアンな雰囲気のカウンターバーも南国に来た感満載です。

夕方からのハッピーアワーではカクテル1杯分の値段で2杯いただくことができます。

こんなお通し的なものも配ってくれます。

ここでくつろいでいると、ホテルのマネージャーがお客様一人一人に挨拶にまわっています。

私のところにもご挨拶にいらっしゃいましたが、ずいぶん丁寧な対応でした。

ロビーにあるトイレなどは男子用は帽子、女子用はスカーフが~これも可愛い💛

Happy Hour

17:00~18:30 21:00~22:30

プール&ビーチ

ホテルは高台にあるので海の近くにあるプールへ行くには坂を下らなければなりません。

距離もあるのでカートを利用した方がいいです。

カートは近くにいるスタッフにお願いすればどこにいても近くまで迎えに来てくれます。

チャウエン ノイビーチが見えてきました。

天気が良くないのでビーチ沿いのパラソルも終日閉じられたまま。

プールの横にはドリンクなどをいただけるカウンターがありました。

象ではなくて亀なんですね 笑

こちらがメインプールになりますが、カバナは3ヵ所、中央の遊泳エリアは20×7mとさほど広さはありません。

ブルーにホワイトってさわやかでいいのですが、インフィニティプールでないのが残念。

ヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテルは全室室内にプライベートプールがついているのでメインプールの利用者はさほど多くはないかもしれません。

私もわざわざここまで入りにくることはありませんでした。

ビーチも雨季だからなのか歩いてる人も見かけませんでした。

ベストシーズンだったらキレイだろうなぁ・・・

リゾートはスカッと気持ちの良いお天気の時期に来たいものですね!

スパ&フィットネスジム

スパ&フィットネスジムはホテルフロントからちょっと離れたところにあります。

常時ロビーにあるカートで連れて行ってもらうといいでしょう。

こちらの建物の右がフィットネスジム、左がスパになっています。

今回スパは利用しませんでしたので中の写真を撮ることができませんでしたが、フィットネスジムは写真を撮りました。

スパ

9:00~21:00

右手はリラクゼーションエリア。

左手にはトイレ、洗面台が有りますがシャワーや更衣室はありません。

チェックアウト後、シャワーを利用したい場合はスパの施設を利用させてくれるそうです。

ランニングマシンやダンベルなど、一通りの用具はそろっていました。

こちらのフィットネスジムは24時間営業でルームキーでアクセスが可能です。

無料のミネラルウォーターなども置かれています。

結局滞在中には利用することはありませんでした。

部屋の様子

お部屋はオーシャンプール、1ベッドルームスイートにアップグレードしてもらえました。

部屋の建物

こちら4階建ての建物の4階のお部屋になります。

303号室の角部屋です。

リビング&ベッドルーム

まずは入口ドアを開けての眺め。

入ってすぐ左手にクローゼットがあります。

クローゼットはざっとこんな感じです。

金庫やスリッパなど。

クローゼットの向い側にはスーツケースを置けるスペースが確保されています。

さあ、奥に行きます。

幅の広めのゆったりとしたテーブルがあります。

テーブル奥にはキングサイズのベッド。

そしてその奥には絶景の海景色~

寝ながら真正面の海を見ることができるすごいベッド。

ソファ横にステップがあることによりベッドが高い位置にあります。

そしてこちらがソファエリア。

お手紙と一緒にフルーツが置かれていました。

素晴らしく整った家具の配置です。

ベッドからの眺めはこれまたすごいのです。

こ~んな風にベッドに寝ころびながら海を眺められて最高の気分♪

ベストシーズンでしたら毎日素晴らしい海の眺めだったでしょうが、雨季のために海もあまりきれいに見えなかったのが残念・・・

残りのリビングの様子ですが・・・

入口から入ると左右に棚が置かれています。

向かって右側には冷蔵庫やコーヒーメーカー、ポットなどが置かれています。

ネスプレッソが置いてあるのはコーヒー好きにはありがたい。

カートリッジは4つ。

無料の水もあります。

カップやお菓子類。

冷蔵庫の有料のドリンク類もキレイに並べられています。

そして向かって左側の棚にはどう遊んでいいのかわからないゲーム類がありました(^^;

バスルーム&トイレ

部屋の左側のスペースにバスルーム&トイレがあります。

こ~んな感じのゆったり広々とした洗面台。

洗面台はダブルシンクボウル。

アメニティはタイブランドのTHANN。

こちらは毎日補充されます。

そして奥のスライドガラスの向こう側がトイレ。

洗面所の奥がシャワールームとバスルームです。

シャワールームには椅子のようなものが。

バスルームからは直接プールに出ることができます。

こちらの展望風呂は景色を眺めながら気持ちよく入れるので1日に2度も入りました。

しかも枕付きで快適なのです。

バスソルトやボディ用のスポンジがあるのは嬉しいですね。

部屋のプール

プール側から写すとこんな感じになります。

テラスも広めで十分な広さ。

プールは深さは1.2M、長さは7Mくらいで泳ぐには十分な広さがあります。

プールの縁につかまりながら海を眺めるのって本当に気持ちいい♪

ターンダウン

毎晩食事に行っている間にターンダウンに来てくださいました。

毎晩何かしらのスイーツを置いていってくれました。

レストラン

朝食

BF階にあるメインレストランのキレー(Kiree Restaurant)は朝食、夕食をいただけます。

キレー(Kiree)

6:00~11:00 18:00~23:00

ロビーラウンジ横の階段を下ります。

高台に位置するので本来ですと絶景なのでしょうが、滞在している間は天気が悪いのが残念でした。

テラス席もあり、本来ですとタイ湾の景色と緑豊かな自然を感じながら食事ができます。

サンライズは6:15~6:30のようですので早めに行けば素敵なサンライズを拝めますね。

店内のインテリア装飾や家具もとてもおしゃれ。

このようなソファ席となっていて上品なテーブルセッティングです。

ビュッフェメニューだけでなくオーダーメニューも盛りだくさんです。

オーダーメニューはビーフステーキやサーモンステーキなどもあり、まるでディナーメニューのような品ぞろえになっています。

まずはビュッフェメニューをご紹介いたしますね。

ホットミール、コールドミールともにまだまだたくさんありましたが撮りきれず・・・デザートメニューも充実していましたよ。

でもビュッフェでたくさん取ってしまうとオーダーメニューが食べられないのでほどほどにしましょう。

1日目の朝食

オーダーメニューの生ガキ。

生ガキを朝食から置いてあるホテルってあります?

私は初めてで驚きました!

しかも生ガキはいくつでもオーダー可です。

レモンとエシャロット酢をかけていただきますが、やっぱり日本の方が美味しいです。

ビュッフェから取ってきたパッタイ。

タイに来てまだ食べていなかったのでこちらで食べられて満足。

バナナとチョコレートのパンケーキまで頼みながら・・・

欲張ってクレープシュゼットまで。

クレープシュゼットはバニラアイスクリームとソースを絡めていただきましたが、ほんとに美味しい。

最後は大好きなスイカ。

取りに行かなくてもスタッフが欲しいものを聞いて取ってきてくれます。

オフシーズンだからかな。

これだけ食べたら昼食は抜きですね(^^;

2日目の朝食

こちらもオーダーメニューですが、スタッフがおすすめしてくれたキヌアサラダ。

トーストしたブリオッシュに2個のポーチドエッグ、空芯菜のソテー、エビのフライ、オランデーズのローストチリ添え。

もうこれだけでかなり満足感のある朝食なのですが・・・

ビュッフェの中からサラダを取ってきました。

仕上げのデザートまで!

もうお腹がはち切れそう!

ココがポイント

ここまでオーダーメニューがそろっている朝食を提供してくれるホテルってなかなかないと思います。
私も頑張って食べたのですが、そんなにたくさん食べられなかったのが残念。
こんな時は「息子達がいたらさぞかし喜んだろうな~」と思ってしまいます(^^;

夕食

夕食は朝食をいただいたキレー(Kiree Restaurant)かメインプール横にあるパナリ(Panali Restairant)になります。

キレー(Kiree)

6:00~11:00 18:00~23:00

パナリ(Panali)

11:30~23:00 11:30~18:00(水・日)

1日目 Kireeの夕食

一日目はキレー(Kiree)を利用しました。

メニューはタイ料理がメインです。

朝食時の明るい雰囲気とは変わって夜になるとシックでクールな印象の店内となります。

夕暮れ時の店内からの海や空の眺めもまた素晴らしいです。

これはお通しとして出てきたのですが、そういえばアナンタラチェンマイリゾートホテルでも同じようなお通しが出てきました。

タイでは定番のお通しなのかな?

関連記事
アナンタラチェンマイホテル宿泊記~FHR経由で極上の体験!

RIKAアメックスプラチナのFHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)で予約したアナンタラチェンマイリゾートホテル。 実際にFHRを使用してのアナンタラチェンマイリゾートホテルでの滞在はどうだったで ...

続きを見る

スタッフにおススメの麺類を聞いて出てきたのがこちら。

何やらカレー風味の焼きそばのようで私には口に合いませんでした(^^;

お腹あまり空いていなかったのでこれ以上は頼みませんでしたが、この日の選択は誤りました。

パッタイとかもっと無難なものにしたらよかったかな。

2日目 Panaliの夕食

2日目は海を間近で眺めながら食事ができるパナリ(Panali)のイタリアンを楽しむことにしました。

かなり坂道を下ることになるのでカートで連れて行ってもらいます。

海沿いに位置するパナリ(Panali)はオープンテラスになっていて気持ちの良い風を感じることができるレストランです。

ただ夜なので海はよく見えないことが残念。

こちらではアメックスプラチナFHRの100ドル分のクレジットを利用させていただき、コース料理をいただきました。

まずは赤ワインをオーダー。

スターター。

マグロと確かカニのタルタル。

これはマグロも新鮮で美味しかった。

パンは温められていて、オリーブオイルやバルサミコなどを付けていただきます。

お口直しのマンゴーシャーベット。

ペスカトーレ。

麺ちょっと柔らかすぎだけどシーフードは新鮮。

もうこれ以上食べられなかったのでデザートはいただきませんでした。

日本で食べるイタリアンのクオリティーではないけれど、そこそこ満足な味かな~

でも人も少なくてレストランの雰囲気はいいですよ。

まとめ

サムイ島のヴァナベルラグジュアリーコレクションリゾートホテル、いかがでしたでしょうか?

空港からのアクセスなどは良いので一人旅には気軽でよいと思います。

ただ、敷地は広い上に坂が多いので移動はカート頼りになってしまい、お散歩などはあまり楽しめないかもしれません。

メインプールも小さめなので部屋のプライベートプールでは満足しない人には物足りなく感じるかも。

お部屋も海が見下ろせて抜群の眺望ではありますが、もう少し近くに海を感じたいかな~

ただ、バトラーさんは「何かお手伝いすることはありませんか?」「これからの予定は?」とかよく聞いてくださったり、スタッフ一人一人の意識の高いサービスはとても好感が持てましたよ。

それから何よりもサムイ島は来る季節を間違ってはいけませんね。

10月から1月は雨季ですのでその時期は避けましょう!

ヴァナベルラグジュアリーリゾートホテルは閑静で、美しいチャウエン ノイビーチにある贅沢なリゾートです。

「閑静・高級感・プライベート感」を求める方におすすめできる全室プライベートプール付きの豪華なホテルですよ。

長い記事をご拝読いただきましてありがとうございました。

この記事が皆さんのお役に立てたら嬉しいです♪

ヴァナベル ラグジュアリーコレクション リゾート ホテルの値段をチェック

Agodaはこちら

Expediaはこちら

Hotel's.comはこちら

ヴァナベル ラグジュアリーコレクション リゾートホテルの最安値を知りたい方はこちらから検索



ブログランキングに参加しています

ポチッと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ

女一人旅 読者登録

ご登録いただけますと、女一人旅の最新情報をメールでお届けいたします。

-サムイ島, ホテル
-, , ,

Copyright© 女一人旅 , 2020 All Rights Reserved.