バンコクのセカンドハウスを拠点とした旅ブログ

女一人旅

インテリア カフェ・レストラン ショップ

タイシルクの老舗ジムトンプソン本店でカーテンをオーダー

2020年8月16日

RIKA
バンコクのコンドミニアムのカーテンはJIM THOMPSON(ジムトンプソン)本店でオーダーしました。

日本で扱うジムトンプソンのカーテン生地とも値段を比較してみました。

関連記事
バンコクのコンドミニアムのインテリアはオリエンタルモダンに

RIKAバンコクのコンドミニアムのインテリアをご紹介させていただきますね。 海外で何もないところから一から築き上げていったものなので思い入れがたくさんあります。 目次1 バンコクのコンドミニアムのイン ...

続きを見る

タイシルクの老舗ジムトンプソン本店でカーテンをオーダー

バンコクのコンドミニアムのカーテンを選ぶにあたり、当初セントラルエンバシーに入っている「MOTIF」に入っているDEDARというイタリアのカーテン生地に決めていました。

こちらの左の方。

ライトのカラーとも比べてバッチリと思っていましたが・・・

納期がすごくかかるのと値段が驚くほど高い!

メートルあたり80000円でした💦

日本でもそんな値段のカーテン見たことなかったので驚きました!

カーテンはインテリアのクオリティーを大きく左右するものなので安価な素材のものは選びたくない。

でもこの値段はないよね、となり結局DEDARのカーテンは諦めることになりました。

「さて、どうしよう・・・」

となったとき、

「そう言えばタイって言ったらジムトンプソンがあるよね!

現地ブランドだからそんな高額ではないかも。」

と思い、早速ジムトンプソン本店に見に行くことになりました。

参考「MOTIF」についてはこちらから。

関連記事
バンコクのコンドミニアムの家具を選んだショッピングモール

RIKA先日バンコクのコンドミニアムのインテリア記事をブログに載せましたが、今回は家具を購入したショッピングモールのインテリアショップをご紹介したいと思います。 目次1 バンコクのコンドミニアムの家具 ...

続きを見る

ジムトンプソン基本情報

JIM THOMPSON(ジムトンプソン)は高級シルクの代名詞として世界にも知られる名店です。

質の高いシルクを使ったスカーフやネクタイ等の小物類が豊富に揃い、ウエアはオーダーメイドも可能です。

歴史としてはジムトンプソン氏が設立してから60年ほどなのでそんなに古いわけではないんですね。

私がジムトンプソン本店を訪れたのは25年以上前の一番最初にバンコクに来た時です。

その時はクッションカバーやリップケースなどをお土産に買った記憶があります。

現地のガイドさんが車で連れて行ってくれたのでいったい場所がどこにあるかもわからず、ネットで調べて向かいました。

アクセス

BTSサラディーン(Sala Daeng)駅から徒歩5分くらいで到着します。

タイの歌舞伎町と言われているタニヤ通りを突き当りまで歩きます。

焼肉屋の看板まで来たら右に曲がります。

スラウォン通りを少し歩くとすぐにジムトンプソンの看板が見えます。

こちらの立派な店構えが入口になります。

JIM THOMPSON

住所:9 Surawong Rd. Suriyawong, Bangkok

電話:(02)6328100

営業時間:9:00~21:00(無休)

WEBサイト:https://www.jimthompson.com/

参考サラディーンに来たらこちらのカオマンガイのお店に立ち寄ってみても♪

関連記事
ギンヘン~バンコク滞在中に一度は通うカオマンガイの店

RIKAバンコクにはカオマンガイの有名店がたくさんあります。 ギンヘン(Khin Heng)は私がバンコク滞在中には一度は通うお店です。 今回はギンヘン(Khin Heng)への行き方からお店の紹介を ...

続きを見る

売り場

  • 1階 ネクタイやスカーフ、財布や小物入れなど
  • 2階 シャツ、かばん、オリジナルのお菓子など。カフェも併設されている
  • 3階 クッションやベッドリネンなど
  • 4階 カーテン

1階の売り場の小物などはお土産にピッタリです。

洗練されたデザインで種類も豊富なので必ず欲しいものが見つかるはずです。

ただ、決してお安いお値段ではありません。

こちらは3階のクッション売り場です。

我家のクッションカバーもこちらで購入しました。

ベッドリネンも種類が豊富です。

カーテンを購入

カーテン選び

カーテン売り場でカーテン生地を探します。

日本のマナトレーディングでジムトンプソンの生地と値段はあらかじめチェックしていたので30分くらいで決まりました。

こちらが購入した生地。

ジムトンプソンなのでカッコいいモダンというよりオリエンタル寄りのものが多かったので難しい選択ではありました。

【リビングカーテン】mあたり 日本 18800円 → タイ約14360円(2019年時点)

【寝室カーテン】mあたり 日本 18700円 → タイ 約 11030円(2019年時点)

やはり現地の方が安いですね。

オレンジのカーテンとグリーンのカーテンの値段、日本では100円しか違わないのにタイでは3000円も違うのはなぜなんだろうという不思議はありますが・・・

生地を決めてからジムトンプソンのスタッフは少しでも安く売ってあげようと一生懸命やってくれました♪

まずはジムトンプソンの「THE JT CARD」を作るように提案されました。

カードを所有していると20%割引になるとのこと。

しかも今後そのカードを提示すれば、ジムトンプソンの商品、カフェ、すべて20%割引になるという嬉しいカードです。

カーテンも割引になったし、この後すぐにカフェでも利用しました!

ジムトンプソンのカーテン売り場のスタッフは親切で感じも良かったので気分良く買い物ができました。

カーテン購入後のやり取り

カーテンを決めた後は、すべて現地不動産の担当者にお任せします。

ジムトンプソンでは生地を購入するだけで、あとは不動産屋が取引している縫製工場に依頼してもらいます。

次に私がバンコクに行ったときにはカーテンが設置されていました。

間に入ってくれる現地の人がいるとスムーズに行きますね。

カフェ9

ジムトンプソン2階にある「カフェ9」も雰囲気が良いのでよく利用します。

カーテンを購入した帰りも疲れたのでここで夕食がてらお食事をして帰りました。

売り場からもオープンになっています。

パッタイとかいろいろ頼んでみました。

「カフェ9」は値段は高めですが平均して美味しいし、いつでも空いているのでお気に入りのカフェです。

もちろん「THE JT CARD」を出して割引してもらいましたよ。

まとめ

カーテン、現地のものを安く調達できたのでよかったです。

日本でジムトンプソンのカーテンが欲しい場合はマナトレーディングですが、窓のサイズがわかれば現地で生地を調達できれば安上がりですよね。

当初はバリバリなモダンをイメージしていましたが、せっかくバンコクにいるのだからオリエンタルな要素も入って結果的には良かったのかもしれません。

ジムトンプソンのシルク小物やバッグなどはクオリティーが高いのでお土産でお渡ししたら喜ばれることは間違いないです。

お土産選びが終わったら、2階の「カフェ9」に立ち寄ることをおススメします(^^♪

この記事が皆さまのお役に立てたら嬉しいです♪

参考ジムトンプソンよりもリーズナブルなタイシルク小物が欲しい場合はこちらもおススメです。

関連記事
バンコクの上質で安いタイシルクはここがおすすめ!アニタタイシルク

RIKAバンコクにはたくさんのタイシルクのお店があります。 有名なところではJIM THOMPSON「ジムトンプソン」ですが、こちらはお値段がちょっと高い! 今回はもう少しリーズナブルで上質なタイシル ...

続きを見る

ブログランキングに参加しています

ポチッと応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ

女一人旅 読者登録

ご登録いただけますと、女一人旅の最新情報をメールでお届けいたします。

-インテリア, カフェ・レストラン, ショップ
-,

Copyright© 女一人旅 , 2020 All Rights Reserved.